Gラボ [AKB48]

AKB48本店を中心に48&46グループ関連の芸能ニュースをまとめたサイトです。

山本太郎「地上波はただの御用局」 テレビの犬、加藤浩次と小倉智昭にかみ付き一触即発

情報元:シネマトゥデイ
今月始めに放送された「BSスカパー!」開局記念番組の放送中、総合司会の極楽とんぼ・加藤浩次と、ゲストの山本太郎とのトークであわや一触即発の事態が起こっていた。

 今月1日、34時間にわたって放送された「BSスカパー!」開局記念番組の総合司会を加藤と共に務めたのは、フジテレビ系列で放送中の朝の情報番組「とくダネ!」のメインキャスターとして活躍中の小倉智昭。「スッキリ!!」のキャスターでもある加藤と共に、朝の顔が二人並んだ、特別番組にゲストとして登場したのが、原発問題で話題を呼んでいる山本太郎だった。山本は、この日の真夜中から放送された、岩井俊二監督のドキュメンタリー作品「friends after 3.11」の放送直前に、岩井監督、作中でナビゲーター役を務めた松田美由紀と共に、スタジオトークに登場。岩井監督と松田が作品を作った経緯を説明し、和やかに始まったトークだったが、山本の、「僕は毒吐き役ですから。海へ空へと毒を垂れ流す東電ばりに毒を吐きます!」という一言で空気は一変。「キー局でやられている皆さんの番組では、おそらく局側がブレーキをかけていると思います」と地上波・情報番組のメインキャスターを務める二人にかみ付いた。

 山本の発言に対し、小倉は「局側がブレーキをかけているというよりも、手元に入ってくる情報が、東電や政府の発表しかないから……」と当惑した様子だったが、山本は、「でもそれを流すだけっていうのは、報道機関としてどうなのかって話。オリジナルの取材はしているのか? どこまで? こんにゃくゼリーや、ユッケ問題には叩くのに、放射能問題の被害に関しては、これだけまき散らして、いろんなところに迷惑をかけて、そこまできちんと追求しているのかってことです。それをもって公平といえます? もしかしたらってことにまで踏み込んでいるんですか?」と強い口調で反論。加藤が、「踏み込んでるよ。スタッフも少ない人数で取材をしているけれど、もしかして違うことは言えないでしょ!」と応戦すると、「仮定として、それは流さなければいけない。それが報道の使命でしょ。こういう意見もあるということをセットで流さなければ。ただ国の言うことを垂れ流す、電力会社の言っていることを流しているだけなら、ただの御用局ですよ!」と激しい口調で地上波の報道姿勢を批判。穏やかな口調で、「気持ちは分かるんだけど、僕らはバランスというのを考えているんだよ」と話した小倉にも、「でもそのバランスのために、たくさんの人たちが、高濃度汚染地域に住まわされているんですよ」とチクリ。その後も、加藤と山本の「(事実を)隠していない!」「隠している!」を巡る激論は続き、スタジオに気まずい空気が流れたまま、「friends after 3.11」の放送時間に……。

 放送から二週間、三人のやりとりは今だに、数々の動画共有サイトにアップされ、ネットでも大きな反響を呼んでいる。日頃から地上波での報道姿勢を批判している山本がゲストで登場することに、関係者も戦々恐々だったそうで、スタジオにいた関係者によると「福島への思いが人一倍強い山本さんと、ご自身の番組スタッフを思う加藤さん、二人は本当に一触即発、という雰囲気だったので、スタジオはピリピリでした。でも放送終了後は、小倉さんや岩井監督、松田さんが間に入る形で、最後は和やかになっていました」という。

続きを読む

週刊ポスト予想「NHK紅白歌合戦 出場歌手 全46組」 演歌8割減、ももクロ・KARA・少女時代が初

週刊ポスト2011年10月28日号
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20111020-00000000-pseven-int
10月1日の暴力団排除条例の完全施行により、NHKは紅白歌合戦に出場する歌手の人選に慎重になっている。そこで、本誌は今年の紅白出場歌手リストを予想してみた。これまでの出場歴や今年のヒットチャートの動向、複数のNHK関係者の証言、過去の暴力団交際報道、そして本誌が1か月にわたって報じてきた「丸の内特捜班」の捜査情報から、人気と実力に加えて“安全・安心”と思われる歌手やグループを選んだ。

これまでの紅白の顔ぶれとはガラリと変わる、衝撃的な結果がでた。過去5年の紅白と比較すると、出場者に占める演歌歌手の割合は8割ダウン、平均年齢が15歳近くも若返るという異様な光景だ。

* * *
2011年NHK紅白歌合戦・本誌予想「出場歌手リスト」
※並び順は、本誌予想の登場順

【紅組】
芦田愛菜
ももいろクローバーZ
ハロー!プロジェクト(モーニング娘。・℃-ute)
さくらまや
AKB48
KARA
少女時代
加藤ミリヤ
YUI
クミコ
いきものがかり
中島美嘉
aiko
黒木メイサ
椎名林檎
夏川りみ
平原綾香
森山良子 
DREAMS COME TRUE
レディー・ガガ
松田聖子
川中美幸
松任谷由実

【白組】
加藤清史郎
Hey! Say! JUMP
東方神起
COMPLEX
ゆず
ポルノグラフィティ
及川光博
猪苗代湖ズ
槇原敬之

関ジャニ∞
TOKIO
Mr.Children
南こうせつ
ジェロ
徳永英明
福山雅治
吉田拓郎
SMAP
加山雄三
新沼謙治
美川憲一
桑田佳祐

続きを読む

AKB48前田敦子、秋元康の作詞活動に疑問「本当に自分で書いてる?」

情報元:オリコン
http://news.livedoor.com/article/detail/5948386/
人気アイドルグループ・AKB48の前田敦子が17日、東京・汐留の日本テレビで行われたバラエティ番組『なるほど!ハイスクール』(同局系)のリニューアル会見に出席した。20日放送回より世の中に溢れる嘘を見抜く検証バラエティに変わる同番組。前田は解明したい疑問に、“恩師”秋元康氏の歌詞活動を挙げ「AKBの曲だけでも300曲。本当に自分で書いているのか…。あんなにたくさんいつ書いてるんだろう」とポツリ。焦るメンバーをよそに「楽しい疑問じゃない?」とマイペースに笑顔をみせた。

前田の驚くべき疑問に高橋みなみは「『ポニーテールとシュシュ』をどうやって作詞したのか聞いたら『ポニーテールにシュシュを着けて書いてる』としか教えてくれなかった…」と語り、謎は深まるばかり。
MaedaYasusiLyric20111019

続きを読む

SDN48解散決定!2012年3月31日に現行メンバー全員で「さよならコンサート」

■SDN48劇場支配人ブログ
http://gree.jp/gekijyo_shihainin/blog/entry/605241563
SDN48を結成して、2年2ヶ月が経ちましたが、ファンの皆さんには当初より多大なる応援と温かいメッセージをいただき、この場を借りて改めてお礼を申し上げます。
SDN48は、それぞれのメンバーが進むべき道を目指すために全員揃ってグループを卒業をすることになりました。

2012年3月31日に現行メンバー揃ってのさよならコンサートをもってSDN48としての第一章はその役目を終えます

私たちもどこかで区切りをつけなければいけない時期にさしかかっています。
メンバー一同、自分の夢をより具体的にするために新たなステージへ旅立つことになりますが、これからもこれまでと変わらず引き続きの応援を何卒よろしくお願いします。
スクリーンショット

続きを読む

フライデー「NHK紅白 マル暴交遊を身体検査された歌手たちリスト」

FRIDAY2011年10月28日号
■紅白出場候補「身体検査対象」リスト
201110151256565f2

続きを読む

AKB48批判は業界最大のタブー。活字メディアの批判封じは秋元康の弟がやっている

週刊誌でAKB48批判はタブー!? 「活字メディア対応は秋元(弟)」
http://news.livedoor.com/article/detail/5931720/
■「『噂の眞相』みたいに何でもバサバサ斬る雑誌はもうない」

 今年4月まで約5年半、『週刊朝日』の編集長を務めた山口一臣氏によると、雑誌ジャーナリズムの意義は「事実に基づく仮説の提示」にあるという。すなわち、世に問う内容が仮説の段階であっても、ファクト(事実)を積み重ねことで「少なくとも(「こうであろう」と)推認できる範囲までもっていった上で提示するのが、"半歩先行く"とか"一歩先行く"という雑誌ジャーナリズムの真骨頂」であるということだ。

 一方で雑誌メディアにもタブーはある。2004年に休刊した『噂の眞相』元副編集長・川端氏は「半分冗談だが、いま雑誌業界の最大のタブーは『AKB48』(の批判)でしょうね」と語る。川端氏によるとAKB48のメディア対策は"周到"で、「これまでの芸能プロダクションとはまったく違う」という。「活字メディア(への対応)は秋元(康プロデューサー)さんの弟さんがやって」おり、これまでの芸能プロダクションとは異なるメディア対応をしているという。
「それこそ『日刊ゲンダイ』から『アサヒ芸能』にも出て、『FRIDAY』には集中的に出ている。一番抑えなければならない『FRIDAY』に利権をまいている」

 この点について青木氏は、
「雑誌にはそれぞれ、できることとできないことがある。(川端氏が関わった)『噂の眞相』 みたいに何でもかんでもバサバサ斬るという雑誌は、もう残念ながらないので、読み手の側が雑誌それぞれの特性を見抜くことで、相当幅広く、ほぼタブーがないくらいにいろいろな情報を得られるのではないか」
と提案した。
(一部抜粋)

続きを読む

電通エンタテイメント事業局の部長が1億5000万円を詐取

1億5000万円を詐取、電通元部長を逮捕
http://www.news24.jp/articles/2011/10/12/07192445.html
「大手広告代理店『電通』が扱っているイベントだ」などとウソをつき、知人の会社からイベント制作費の名目で約1億5000万円をだまし取ったとして、東京地検特捜部は12日、電通の元部長・大森章道容疑者(46)を詐欺の疑いで逮捕した。

 特捜部の調べによると、大森容疑者は08年10月、知人が経営する会社に対し、「イベント制作費を立て替え払いしてくれれば、後から電通などが手数料5%を上乗せして支払う」などと持ちかけ、約1億5000万円をだまし取った疑いが持たれている。

 大森容疑者は「電通のエンタメ局で扱っているイベントで、私が担当している」などとウソを言って、相手を信用させていたという。

続きを読む

NHKワールド「J-MELO」世界が聞きたいJ-POPトップ20 AKBはランク外

【日経エンタ】2011年4月号「世界が聴きたいJ-POP」
データ元:NHK総合『J-MELO』→3/13(日)24:20-24:50の番組内で紹介
NikkeiENTA201104
続きを読む

女性セブンが「韓流ドラマがTSUTAYAで大人気!」と捏造。すぐに嘘がバレる

■韓流作品が邦画を抜いた?
http://www.best-worst.net/news_KBWDlVy7I.html
2011年10月6日発売の「女性セブン2011年10月20日号」が韓流などアジア作品の人気が邦画、洋画の人気を抜いたとする記事を掲載していることがNEWSポストセブンの引用記事で紹介された。

「今年5~7月、もっともレンタルされたのは韓流を含むアジアジャンル。洋画、邦画を抜いて、レンタル数トップという過去にない伸びを見せています。中で も、2010年の夏にブレイクした『美男<イケメン>ですね』は、全国で450万回以上レンタルされた怪物的ヒット作です」

このような関係者のコメントが引用され、以下のランキングが公開されている。

1位 美男<イケメン>ですね
2位 トキメキ☆成均館スキャンダル<完全版>
3位 イタズラなKiss~Playful Kiss
4位 パスタ~恋が出来るまで~
5位 美男<イケメン>ですね<デラックス版>
6位 チュノ~推奴~
7位 お嬢さまをお願い!
8位 メリは外泊中
9位 天使の誘惑
10位 華麗なる遺産
11位 イ・サン
12位 鉄の王キム・スロ<ノーカット完全版>
13位 クリスマスに雪は降るの?
14位 コーヒープリンス1号店
15位 幻の王女チャミョンゴ
16位 恋愛マニュアル~まだ結婚したい女<完全版>
17位 シンデレラのお姉さん
18位 僕の彼女は九尾狐<クミホ>
19位 善徳女王
20位 個人の趣向
(参考:NEWSポストセブン|レンタルDVD一番人気は洋画、邦画抜いて韓流らアジア作品

これは、韓流・アジア作品だけのランキングであり、韓流作品ばかりなのは当たり前である。

確かに記事の中には――
韓国ドラマのレンタルDVDベスト20。(2011年上半期(1~7月)『TSUTAYA』調べ)
――と書かれているが、記事の流れから韓流ドラマが邦画、洋画を抜いてレンタル数が多いような印象を受けるような記事ではないかと疑問になる。

■本当のTUTAYA上半期レンタルランキン
この発表には韓流ドラマはベスト20には全く入っていない。ベスト20の内10作品が邦画であり、邦画の健闘が目立つというリリースになっている。
韓流ドラマ、映画が本当に躍進しているならば、総合レンタルランキングベスト20に1件も入っていないというのは何故なのだろうか?

続きを読む

KARAのCD売上の印税収入は1%だけ。AKB48の月給は20万以下

情報元
http://news.livedoor.com/article/detail/5925275/
ここ1~2年K-POPの露出が増え、様々なニュースがありました。
こういうニュースを耳にすると個人的に気になってくるのは、「K-POPの日本での収益は、どのように分配されているのか」という点です。お金のことばかり気にかけてスミマセン。

たまたま喫茶店に置いてあった昔のAERAにそれが載っていました。女性グループのKARAは昨年末~今年初めにかけて分裂騒動があったそうです。
メンバーの親が、「分配される収入が少なすぎる」「メンバーが望まない芸能活動を強要し、人格を侮辱」などとして、韓国の所属事務所「DSP」を訴えたそうです。

それに対してDSP側の反論があったようです。それによると、「契約上は日本でのCD売上の84%が日本のレコード会社など、8%が日本のマネジメント会社、7%がDSP、1%がKARAに渡り、それは常識的水準」だそうです。

仮に3,000円のCDアルバムが10万枚売れたとしたら、売上は3億円です。このうち2億7600万が日本の会社に入り、2100万円が韓国の芸能事務所に入り、KARAのメンバーに300万が分配されます。
KARAは確か5人組なので、一人当たり60万円・・・。もちろんCD以外の収入は多々あるでしょうが、これだけだとそこそこ高給のサラリーマンの月収並みですね。

ちなみに日本人アーティストのCDはどうかというと、少し昔の音楽業界人の著書や日経エンタテイメントなどによると、新人アーティストで1%程度であり、実績によって上昇するそうです。ヒットを続ける売れっ子になると3~4%まで上昇するという意見もありました。
日本のレコード会社サイドからすると、新人アーティストと同じ程度の印税で契約していることになります。

こうしてみると、アーティストがCDだけで食べるのは、ごく一部のトップ層を除くと、至難の業ですね。ライブや広告出演など多様な活動をしなければ、厳しいと思われます。

iTunesなどで販売した曲はどのくらいアーティストに入るかについては、ざっくりググッてみると、所属レーベルとの契約によりけりだそうです。10%くらいという記述も複数ありました。ただし、これは真贋不明です。

続きを読む

「ヤクザや暴力団との繋がりは演歌だけでなく、アイドルもポップミュージシャンもある」 SAPIO

情報元:NEWSポストセブン
暴力団との交際から芸能界引退に追い込まれた島田紳助の騒動は、多くの人に芸能界と暴力団の“切っても切れない関係”を再確認させた。なぜ両者は深く付き合うのか。ノンフィクションライターの窪田順生氏がレポートする。

* * *
まず、最も多い「芸能事務所」の場合、基本的にはトラブル処理がメインとなる。
大手芸能事務所社員が明かす。

「最近は減りましたが、地方のイベントやコンサートなんかを仕切っている興行師はだいたい暴力団。先輩社員から紹介されて自然にお付き合いが始まるパターンが多い。
何かあった時の“保険”ということで、とりあえず関係を続けている事務所は多いと思います。世間のイメージでは、演歌とヤクザは“近い”感じですが、実際はアイドルもポップミュージシャンも変わりはないです」

女優やアイドルを多数擁する大手事務所ともなれば、一般的にはクリーンなイメージだが、暴力団との関係も確かに存在しているケースがある。

「ある人気女優が無名時代に同棲していた男が、某組織に属するシャブの売人なんです。その過去をきれいさっぱり“清算”するのに暴力団の力を借りたと言われています」(芸能記者)

脅迫、モミ消し……様々な“汚れ仕事”を暴力団が担っているというわけだが、もちろん領収書がきれる「謝礼」など払えるわけがない。そこで表からはわからない様々な形で利益供与が行なわれている。ポピュラーなのは、「違法商品の黙認」だ。

たとえば、コンサート会場の近くや、露店などで売られる生写真や、肖像権の許可をとらずに販売されている海賊版を黙認することで、「顧問料」としているケースがある。

某人気アイドルグループのマネジメント事務所は暴力団の影がないのに、これまで目立ったトラブルがないのは、このような手法で複数の組が「ケツ持ち」しているからだという。

また、コンサート会場近くでダフ屋が売っているチケットも、実は芸能事務所から暴力団への“迂回献金”として機能することがある。事務所に割り当てられるチケットには、初めから暴力団に横流しする分がちゃんと含まれており、これをコンサートが円滑に行なわれるための「みかじめ料」としているのだ。

このような利益供与の中には、驚くことに“商品”そのものを差し出してしまうケースまである。

「某事務所は所属するグラビアアイドルに暴力団幹部や政治家に酒席で接待をさせています。普通は数回限りですが、中にはそのまま親しくなって個人的に交際してしまう者もいる」(前出・芸能記者)

数年前、警視庁の捜査員の資料がウィニーで流出し、暴力団組長との関係者リストにテレビなどにも出演する某グラビアアイドルの名前があった。一部週刊誌では、「情婦ではないか」と騒ぎになったが、そこまでの関係ではなく“接待担当”から個人的に親しくなったのではと言われている。

※SAPIO2011年10月26日号

続きを読む
楽天市場

記事カテゴリ
月別アーカイブ
逆アクセス数
アクセス数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Amazonアソシエイト